ファクタリングとは

資金調達ガイド

選択肢の確認する
まずは自分が事業を行うにあたって取りうる資金調達の選択肢を確認しましょう。そのため、現在の借入状況や返済状況も必要に応じて、確認してみることも重要です。


調達のタイミングを確認する
事業を進めていくにあたって、いつまでにいくら準備しないといけないのか、資金計画を立てましょう。必要に応じて、月次・週次の資金繰表を作って自分の事業の資金繰を可視化しましょう。


誰から調達するか検討する
事業遂行にあたって、自分の事業に融資や投資をしてもらうことは、思いの外大変なことです。基本的には、自己資金で事業を始め、うまくいきそうだという公算が高いと思えば銀行の調達や、外部からの投資なども検討していきましょう。小資本から始めることでリスクが回避できるでしょう。


緊急時の対応を検討する
事業を行なっていると良い時もあれば悪い時もあるものです。
思わぬ出費で資金繰が回らず、取引先や従業員に迷惑をかければ信用問題にも関わります。
急ぎの資金調達の時でも、資金調達の基本的な考え方は同じです。いつまでにいくら調達しないといけないのか、取りうる選択肢は何があるのか、誰から調達可能かという視点から、自分にあった調達手法を見つけましょう。