起業のための資金調達を行う場合、いろいろな方法があります。
ざっくりとまとめましと、こんな感じになります。
それぞれ、メリットデメリットがありますので、まとめていきます。

  • 自己資金
  • 借りる
  • 出資してもらう
  • クラウドファンディング
  • 補助金・助成金を利用

自己資金

自分で貯めたお金で事業を開始する方法です。
これが一番シンプルで簡単なのですが、なかなか事業資金を貯めきれる方はおりません。

  • メリット
    経営権を保持できる
    経営の自由度が高い
    金利負担がない
  • デメリット
    資金量が限られる
    事業清算をした場合、自分の資産を失うことになる

借りる

消費者金融、銀行、信用金庫、親族、知人などから、お金を借りて事業を開始する方法です。
借りるためには、しっかりとした事業計画が必要ですし、借りた後は返さないといけませんので、成功することが必須になります。

  • メリット
    しっかりした事業計画が無いと借りられないため、周到な調査を行わざるおえない
  • デメリット
    事業が失敗した場合にリスクが大きい
    金利が発生する
    知人友人に借りて返せないと人間関係を壊す場合もある

出資してもらう

関連企業、ベンチャーキャピタル、知人友人から出資してもらい事業を始める方法です。
いろいろな方に出資していただくことで、取引先などいろいろな方を紹介していただけます。
また、全額他人からの出資に頼るのではなく、自分でも半分以上は出資したいものです。

  • メリット
    しっかりした事業計画が無いと借りられないため、周到な調査を行わざるおえない
    出資者からの経営アドバイス、顧客やビジネスパートナー等の紹介を期待できる
  • デメリット
    株式の保有比率が下がる
    経営の自由度が制限される
    出資元に経営権を握られる

クラウドファンディング

クラウドファンディングを利用して資金を集める方法です。
しっかりとした計画が無いと、資金が集まりませんのでかなり確度の高い事業計画と具体的な内容が必要になってきます。
クラウドファンディングで多数の人から資金を集めることが出来れば、その事業は成功すると思いますし、集まらなければ事業自体は難しいものになると思います。

  • メリット
    しっかりした事業計画と具体的な内容が必要
    ここで出資者が多数集まれば事業自体も成功する確度が高い
  • デメリット
    資金を集めるのが、非常に難しい

補助金・助成金を利用

補助金・助成金を利用する方法です。
日本政策金融公庫の新事業育成支援を利用します。
https://www.jfc.go.jp/n/finance/start-up/index.html
事業資金相談ダイヤル:0120-154-505(行こうよ!公庫)
新事業育成資金の平成27年度上期の融資実績は、584社・238億円ですので、借りられるチャンス有!

  • メリット
    しっかりした事業計画が無いと借りられないため、周到な調査を行わざるおえない
  • デメリット
    審査に通るのが非常に難しい



運転資金、つなぎ資金 ≫