設備投資資金とは、企業が事業に用いる設備に対して行う投資のことです。
投資した設備で売上げを上げることが出来ますが、同時に、大きな費用が発生します。
設備投資資金の調達方法としては、下記があります。

  • 民間金融機関等からの借入
  • 公庫、事業団等からの融資
  • 事業が軌道に乗るまでの運転資金
  • リース契約

民間金融機関等からの借入

銀行から借入れます。
民間金融機関等からの借入のメリット・デメリットとしては、次のようなものがあげられる。

  • メリット
    購入した設備が資産となる
    リース契約と比べると、総支出額が少なくな場合が多い
  • デメリット
    実行までの時間がかかる
    経営が悪化すると経営に干渉される

公庫、事業団等からの融資

日本政策金融公庫から融資を受けます。
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/jiyusij_m.html

  • メリット
    銀行より安い利息で借りられる
  • デメリット
    担保が必要
    実行までの時間がかかる
    融資を受ける目的が限定されている

リース契約

リース契約とは、企業が機械設備を導入しようとする際に、リース会社が代わって機械設備を購入し、その企業に対して比較的長期間、賃貸する方法です。

  • メリット
    手軽に設備を調達できる
  • デメリット
    毎月リース料が必要
    リース料の合計は借入金返済額よりも高い
    契約期間中の解約は原則認められない

『資金調達ナビ』の一押しの資金調達方法は?

弊サイトでは、多数のファクタリング会社と提携し、お客様の現状に一番あったファクタリング会社をオススメしています。
まずは、右側の『ファクタリング相談』から、お問合せください。
安全安心なファクタリング会社を、ご紹介いたします。

問合せ頂きますと、お客様に最適なファクタリング会社の担当者より、電話にてご連絡をさせて頂いております。