証書貸付は金融機関が行っている融資の形態の一つです。
借主に「金銭消費貸借契約書」を書いてもらい、その「金銭消費貸借契約書」と引き換えに融資を行います。
多くの場合、これは長期の担保付の貸付を行う場合に用いられています。

「金銭消費貸借契約書」には、借入金額、金利、期間、返済方法などを記入し、会社の署名判・実印を押し、連帯保証人の署名・捺印をした上で銀行に差し入れます。
通常は、担保や連帯保証人が必要になりますので、借入れをする場合は慎重に行ってください。

『資金調達ナビ』の一押しの資金調達方法は?

弊サイトでは、多数のファクタリング会社と提携し、お客様の現状に一番あったファクタリング会社をオススメしています。
まずは、右側の『ファクタリング相談』から、お問合せください。
安全安心なファクタリング会社を、ご紹介いたします。

問合せ頂きますと、お客様に最適なファクタリング会社の担当者より、電話にてご連絡をさせて頂いております。