ファクタリングには、下記の2種類のタイプがございます。

  • 二社間ファクタリング
  • 三社間ファクタリング
それぞれの仕組みや流れをまとめてみました。

二社間ファクタリング



2社間ファクタリングでは、ファクタリング会社と売掛債権を有する法人様との間だけの契約となりますので、相手先にファクタリングを実施したことを知られる事はありません。
また、2社間で行うため契約までの期間が短くなります。
しかしながら、売掛金の買取金額が3社間契約と比べて若干低くなります。

三社間ファクタリング



3社間ファクタリングでは、売掛金の譲渡手続きが入ってきますので、相手先にファクタリングを行った旨が通知されます。
また、3社間で実施するため時間がかかります。
しかしながら、売掛金の買取金額が2社間契約と比べて若干高くなります。



ファクタリングの種類2 ≫