運転資金とは、会社を運営していくにあたり必要な資金のことを言います。
運転資金が必要になるのは、だいたい、下記の理由が多いです。
例を上げると、下記のとおり

  • つなぎ資金
    ・入金と支払いのズレを補う運転資金
  • 在庫購入のための運転資金
    ・季節によって必要な在庫が変わってくる
    ・急に売上げが上がった
  • 事業が軌道に乗るまでの運転資金
  • 納税資金・賞与資金
    ・納税や賞与のために急に資金が必要

運転資金は企業にとって必須の資金です。
運転資金が無いために黒字倒産してしまう企業もあります。
黒字倒産にならないためにも、十分な運転資金をもって会社を運営していくべきです。

運転資金を銀行から借りる

銀行から運転資金を借りる場合は、担保が必要になります。

  • メリット
    低利で借りられる
    銀行から、いろいろな助言を受けられる
  • デメリット
    担保が必要
    審査が厳しい
    実行まで時間がかかる

運転資金を政府系金融機関(日本政策金融公庫)から借りる

無担保、無保証で資金を融資してもらえますが、かなり詳細な説明が必要になります。
  • なぜ、運転資金が必要になのか
  • 運転資金は何に使うのか
  • 運転資金を使うことによって、どんな効果が得られるのか
このあたりを明確にして、きちんとした返済計画が必須です。
https://www.jfc.go.jp/n/finance/search/dai3fuyou_m.html
  • メリット
    担保不要
    低利で借りられる
  • デメリット
    創業2年以上必須
    実行まで時間がかかる
    審査が厳しい

ファクタリングで調達

運転資金の調達なら、ファクタリングがおすすめです。
ファクタリングとは、売掛金を買取るサービスです。
例えば、月末締、翌々月末払いの売掛金があるとしますと、現金が入るのは2ヶ月先
しかし、下請けへの支払いは今すぐ。
こんな時、売掛金を誰かに買取ってもらえたら資金繰りが楽になると思いませんか?
ファクタリングなら、すぐに売掛金を買取ってもらえます!
  • メリット
    取引相手に知られずに実行可能
    売掛先の信用状況を見ているので、貴社が税金滞納やブラックでも大丈夫
    即日実行
  • デメリット
    売掛金を買取ってもらうため手数料がかかる。



設備投資資金 ≫